経歴

山梨たかひと(崇仁)

1977年3月16日生まれ
大学卒業後は3年間、スポーツ選手として活動
引退後は会社員生活

2007年4月の葉山町議会議員選挙において、得票数第一位(1447票)で当選させていただく
2011年4月 2期目当選

 同年12月 町長選挙出馬を表明 議員辞職
2012年1月 7911票の支持をいただき、第10代葉山町長就任
2016年1月 葉山町長2期目 現職

  • 住所:葉山町堀内 風早橋付近在住
  • 特技:ウィンドサーフィン
  • 趣味:ゴルフの練習、釣り
  • 弱点:酒が飲めない

学生としての経歴

関東学院大学経済学部経済学科卒業 体育会ウィンドサーフィン部所属
法政大学大学院政治学研究科政治学専攻修了 政治学修士

● 修士論文「 公共職業安定所の民間開放についての考察 ―公共職業紹介事業に焦点を当てて― 」
公共サービスの民営化における問題点を指摘し、官民連携のモデルを提言

スポーツ選手としての経歴

ウィンドサーフィンは学生時代からはじめ、大学4年のとき初めて日本一になる。
その後2003年のオリンピック最終選考までアテネオリンピックを目指して活動

● 選手生活の主な大会成績
<国内>

2000年3月 全日本学生選手権 団体・個人ともに総合優勝
2002年6月 IMCOワールドウィークin柏崎 優勝
2001年~2003年 国民体育大会ウィンドサーフィン級 3年連続入賞

<海外>

2001年8月 韓国・釜山 アジア選手権準優勝
2002年2月 アメリカ・オーランド 北米選手権4位
2002年12月 タイ・パタヤ 世界選手権出場

サラリーマンとしての経歴
都市銀行出身の社長が起こした日本橋のベンチャー企業にて、人事コンサルタントとして勤務。終電帰り、ときには翌日の朝まで、毎日、馬車馬のように働いた。

 ● 職務内容
働く人のキャリア形成に関わる相談と、クライアント企業の人に関わる相談を担当。のべ2000人近くの面談、転職相談、ヘッドハンティングを行い、人材は『人財』という考えを持つ。
クライアントにおいては、採用・研修、ワークフローの見直しや人事制度構築(給与体系、評価制度、労務管理など)などをお手伝い。組織は人と仕組みによってつくられ、最後は経営者の愛情がその価値を決めると知る。

葉山町長としての経歴
» 詳細はこちらへ